性行為をしない若者たち

性行為をしない若者たち

ある若者は恋愛もしないで、自身の性欲は適当に処理してきていました。しかし、「自分はこのままでいいのだろうか?」と考え出すようになりました。

 

結婚している友達にあっても、彼らの生活の不満を聞いていると、「自分はこのままでいいのではないか?」とも考えてしまう。自分の方がまだましなんじゃないか。

 

母親の子離れができていない若者が増えているようです。過保護な愛が子供の性への興味を薄れさせているのです。

 

母親が自分の子供の結婚相手を選ぶ時代でもあります。昔からお見合いということはありましたが、今の時代はまさにあの頃に戻っています。

 

また、若者の性に対する興味が薄れてきているのも事実です。一昔前なら、若い男性なら、どうにかして性行為がしたいと必死になっていたものです。それが今や草食系男子という言葉で処理されているのです。

 

県紺に関しても、ある司式調査の結果からでも、結婚に憧れがないと答える男性がとても増えてきています。これは女性に関しても言えることでした。

 

いずれにせよ、本来の性欲はあるのに、性行為に及んでいない若者が増えてきています。

 

これはモラルの向上なのか、人類衰退の髪のいたずらなのかは、300年後の世界を見て分かることです。