男性以外にもニーズが拡大したバイアグラ

バイアグラ,使い方

バイアグラは経口投与後、約40%の吸収率で休息に吸収されます。その薬理作用は絶対投与量に対して比例しています。バイアグラの半減期は約4時間とされています。80%は便として排出され、尿にはわずかに含まれるだけです。

 

バイアグラは適量の場合は性的刺激がなければいたずらに勃起することはないとされています。その作用のメカニズムからして、より自然な勃起がもたらされるというわけです。

 

こうしたことからバイアグラを精力増強剤や媚薬として利用したいというニーズも高まってきています。

 

さらにそこから女性に対しても効果があるのではないかと推測され始めました。女性がバイアグラを服用するとクリトリスへの勃起が促されるため、オーガズムに達しやすくなると考えられたのです。

 

また、バイアグラは女性器の潤いを増すとの臨床試験の報告もあります。ただし現状ではバイアグラをインポテンツでない人に試したデータはありません。また、女性に対する効果を試すために、ファイザー社は500人の女性に対して服用試験を進めていて、子宮摘出で性的不感症になった女性が「初めて性生活を楽しめるようになった」と証言している人もいるようです。

 

しかし、ファイザー製薬やFDAでは「精力増強剤や媚薬としての効果は無く、正常な人が飲んでもメリットはない。あくまでも糖尿病、脊髄障害、前立腺の手術などで性的な機能障害を受けた人のためのインポテンツという病気を治すための薬だと正しく理解してほしい」としている。ほかの薬を飲んでいたら危険だという場合もあるために、用法も医師の指示に従油必要がある。保険会社によってはインポテンツの医学的な照明がなければ認めないところも出てきている。

 

また、言うまでもなくバイアグラでは性感染症を防ぐことはできません。FDAはHIVを含む性感染症のガードについてはもっと知られるべきであるとしている。

 

バイアグラのニーズはインポテンツ患者により広がりを見せている。相当、広く使われるとなると「どこまでを病気の治療として認めるか」という問題が立ちはだかってしまう。