バイアグラの様々環境下での作用の実例

バイアグラ

バイアグラの服用で次のような現象が報告されています。

 

最高血中アルコールレベルの平均が0.08%の健常人に50mgのバイアグラを服用してもらい、アルコールを飲んでもらったが通常以上に血圧を上昇させることはなかった。

 

高血圧患者に100mgのバイアグラを高血圧治療薬であるアムロジンと一緒に服用した場合にも、相互作用はみられないことがわかっています。

 

他にも安全性を確認する試験の解析データから、抗高血圧薬で治療していなくとも、バイアグラを服用している患者では見られた副作用の種類とその程度に違いはなかった。

 

ネズミを使った発がん性実験の結果の報告です。24か月連続してバイアグラを投与したが、その間あるいは24か月後においても、ネズミの体内に発がんの形跡は見られなかった。このことからバイアグラを連続投与しても発がん性はみられないといえます。

 

ハムスターを使ったバイアグラの連続投与実験の結果から、卵巣細胞に遺伝子の異常は発見されなかった。またラットのメスに対して36か月連続して、雄に対しては100日間連続して、それぞれに60mg/Kのバイアグラを投与したが、どちらも生殖器に異常はなかった。

 

これは健常な男性にバイアグラ100mgを25回投与したこと同じことになる。ただし人の新政治、子供、妊婦にバイアグラを使用したデータはない。

 

ラットとラビットでは、期間形成中の胎児に200mgまで投与した実験のデータがあります。これによるとバイアグラの投与中に胎児に危害を与えた形跡は認められない。

 

別のラットを使った衆参前と週産後の胎児の発育経過を観察した研究では、36日間連続してバイアグラ30mgを投与したが異常はみられなかった。

 

バイアグラの禁忌―バイアグラを使ってはいけない人

 

バイアグラは冠状動脈硬化に対する治療薬としてニトログリセリンのような薬剤を使用している患者には使うことができません。アメリカではバイアグラの発売から心臓病治療薬とバイアグラを併用した患者6人の死亡例が報告されています。

 

もともと心臓病の血管障害がインポテンツを引き起こすケースがあり、バイアグラとこれらの薬剤の併用の危険性は大きいです。