3日に1錠の服用が推奨のバイアグラ

バイアグラ

バイアグラにはインポテンツの症状に応じて、25ミリグラム、50ミリグラム、100ミリグラムと三種類の錠剤が用意されている。基本的にはバイアグラは1日1回、以上の服用と言われています。

 

またバイアグラは長期間継続して服用できることが証明されています。一定期間バイアグラあるいはプラセボを服用している人の中で、服用を途中で中止してしまった人は偽薬では23パーセントであるのに対して、バイアグラではたったの2パーセントだったのです。

 

しかもバイアグラを常用していると精神的にバイアグラに依存症になり、バイアグラなしでのセックスが不能になってしまうのではないかと考えられています。

 

あるいは、ごくわずかな人には一時的に頭痛、消化不良などの軽い副作用がみられることから、そういう場合は3日に1錠以上服用し内容のアドバイスしている。

 

バイアグラを服用した時にみられる軽い副作用については様々です。起こった割合も2%以下とわずかであり、バイアグラとの直接の関係も明らかではないです。

 

身体症状

頭痛、ショック、顔面浮腫、アレルギー反応、無力症、腹痛、胸部痛

 

心臓血管

AVブロック、頻脈、動悸、低血圧、立体性低血圧、心筋症、虚血、脳血栓、心臓まひ、

 

消化器系

嘔吐、口内炎、歯肉炎、胃炎、胃腸炎、食道炎、結腸炎、直腸出血

 

軽い頭痛が起こる確率はバイアグラ服用者の10人に1人の割合で、幻覚症状は3%の割合だと言われています。ただどちらもプラセボとの差がなく比較的形象の一過性のものなので心配はないと言われています。

 

副作用がひどく服用を中止したのも2パーセント未満でした。

 

また、バイアグラには血圧降下作用があるため、ほかの降圧剤と併用した場合に血圧が下がりすぎて起ち倉見やショックを起こす可能性があるという。

 

服用しようとしている男性なら、誰もが持続的勃起症、つまり薬が効きすぎてずっと勃起したママの状態になってしまうのではないか?と考えるであろう。しかし持続的勃起症になったというケースは今のところ報告されていない。